テーマ:自然エネルギー

再生可能エネルギーの割合がたった1.6%とはあまりにも情けない

日本で再生可能エネルギーが総発電電力量に占める割合は2012年度で1.6%(水力を除く)とのこと。スペインの23%、ドイツの19%、とは桁違いですし、アメリカでも5%以上。原発に依存した結果の硬直化した電力構造がうかがえます。 太陽光、地熱、風力、潮力など自然エネルギーを生かすための環境は世界屈指で、開発する技術力も経済力もあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然エネルギーの圧倒的な可能性

各国が開発を進める自然エネルギー分野。先行する太陽光発電や風力発電にもまだまだ新しい技術とアイデアが生まれる可能性は大きくあります。原子力発電と言う将来性のないエネルギーに巨額すぎるお金を投じて来た日本ですが、福島原発事故の取り返しのつかない過失を教訓に未来に向けてのエネルギー政策を根本から変革しなければ、人間としてあまりにもお粗末です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当に必要なものと絶対に不必要なもの

考えてみれば、空気とか水とか光とか生存に絶対必要なもの、重要なものはみな「タダ」です。人間は「火」の利用を発明し生存はより有利になったけれど同時に「武器」を発明し殺戮は大幅にエスカレートしました。そして電気を発明しまたしても武器も進化しました。そして今度は原子力が核兵器として実用化され不幸にも広島、長崎に投下されました。核兵器が大量に保…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

30年代に原発ゼロ?

原発を動かし続けるためにはあらゆる手を使う、その一環のような新戦略です。とにかく国民をごまかして原発を動かしさえすればいい、と言う下心が見え透いて情けなくなります。とは言え脱原発の民意の大きさを感じたからこその応急声明なのでしょうが国民の真意は理解できていないようです。デモやインターネットや各地の講演会などで国民が真剣に懸念、決断を求め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和菓子と風力発電

考えてみれば当然ですが日本は自然エネルギーの宝庫です。海に囲まれ、変化に富む山があり、多くの河川があり、利用できる地熱もいたるところにあります。太陽の恵みも風の力も利用できます。政治的な影響を受けやすくしかも限定的でしかない化石燃料やウランに頼って来た国策があまりにも無責任で先見性のないものであった事かを政府ではなく国民が先に気づいてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

照りつける日射しに思うこと

炎天下、かくれる影もない道をてくてく歩いていると時折光を遮ってくれる雲の存在にありがとうと言いたくなります。地球を支える太陽の力。学生時代に肌を真っ黒にしようと延々と浜辺ではしゃいでいた頃にはそんなに意識しなかったけれど原発事故があって太陽エネルギーの普及は未来に向けて絶対必要な事です。そう思って太陽を意識すると照りつける光にも感謝が入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more