30年代に原発ゼロ?

原発を動かし続けるためにはあらゆる手を使う、その一環のような新戦略です。とにかく国民をごまかして原発を動かしさえすればいい、と言う下心が見え透いて情けなくなります。とは言え脱原発の民意の大きさを感じたからこその応急声明なのでしょうが国民の真意は理解できていないようです。デモやインターネットや各地の講演会などで国民が真剣に懸念、決断を求めているのは「2030年代に原発稼働ゼロ」などと言う悠長なものではなく「即時原発の廃止決定と廃炉への道筋」です。更なる事故への切実な危機感なのです。しかもまず原発の廃止を決めなければ自然エネルギーへの移行どころか、過去やってきたように自然エネルギー普及の妨害すらやりかねません。国は福島原発の事故を誘発させたと言われても仕方のない原発推進者たちの重大な責任も追及せず彼らは事故後ものうのうと事故前と同じように暮らしをまっとうしています。彼らがやった事はどう考えても犯罪行為で、理不尽に耐えかねた人たちが原発推進の首謀者を刑事告訴をしていますが、法治国家ならどうして国がやらないのでしょうか。

それにひきかえ土地を奪われ故郷を奪われ、絶望で自殺者迄出している状況への支援、保護はどう見ても不十分です。政府がやるべき事は被害者への手厚い援助と原発を即時廃止の決定をし、つくり出してしまった核廃棄物の安全な保管のために核物理学者の育成を始めまだ未知の部分が多い放射能研究に全力で取組むことです。原発が無くなる事を恐れる権力者たち。原発と言うがんじがらめの権力構造にほころびが出れば、この日本の社会構造にも大きな変化が出る事は当然です。そしてその変化こそ健全で活力ある日本のために必要な変化です。30年代迄原発を動かし続けるリスクはあまりにも大きすぎます。事故がない保証なんてもう絶対にない事だけが今は分かっているからです。それだけのリスク、この日本と国民の命を天秤にかけて迄原発を動かしたいと言う人たちの背景には何があるのでしょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック